乳歯の虫歯治療で抜歯をすすめられるケースとは?

>

子供の治療に慣れている歯医者が良い

無理に治療しないこと

大人向けの歯医者だと、子供が泣いて暴れても無理に治療を行おうとするかもしれません。
乳歯を抜くと口腔内でこれ以上被害が大きくなることは避けられますが、子供が歯医者は嫌なものだと思ってしまいます。
すると今後虫歯になったとしても、歯医者に行くことを拒否するでしょう。
子供の頃に、歯医者は怖くて嫌なものだというイメージを植え付けないように気を付けてください。

そこで、子供の治療に慣れている歯医者に行くのがおすすめです。
子供が暴れている時は無理に治療せず、虫歯の進行を抑える薬品を塗るぐらいの処置で留めてもらいましょう。
子供のペースに合わせてゆっくり治療を進めることで、乳歯を抜いても痛みを感じることはなく、子供が歯医者を嫌いになることも減ります。

保護者が仕上げ磨きで虫歯予防

毎日、食事の後に歯を磨かせている人が多いと思います。
しかし子供だけでは、歯を磨いたつもりになっているかもしれません。
歯を磨く作業は難しく、どうしても磨き残しが出てしまいます。
最後は、保護者が仕上げを行ってください。
保護者が子供の口腔内をチェックし、汚れが残っている部分があれば磨くことで虫歯になるリスクを下げられます。

さらに間食の後も、歯磨きをすることを習慣にしましょう。
1日に間食が何回もあると、そのたびに歯を磨かなければいけないので面倒です。
歯磨きが疎かにならないよう、間食は1日1回にしましょう。
また子供のうちは、糖分の多いお菓子を避けるのが虫歯予防に繋がります。
甘いお菓子ではなく、野菜や果物などを与えましょう。