乳歯の虫歯治療で抜歯をすすめられるケースとは?

>

歯並びが悪くなる原因になる

虫歯は感染するもの

知らない人が多いようですが、虫歯は感染するものです。
最初は乳歯が1本だけ虫歯という状態だったかもしれませんが、放置していると周囲の歯もどんどん虫歯になってしまいます。
また乳歯の下にある永久歯も、虫歯に感染することがあるので気を付けてください。
永久歯が生えてすぐ虫歯になった時は、歯医者で治療しなければいけません。

治療の際に痛みを伴うので、子供は辛いと感じるでしょう。
さらに1回の治療で終わらないと、何回も歯医者に通うことになります。
治療費がどんどん加算されていくので、最初から虫歯にならないようにすることがポイントです。
将来生えてくる永久歯を守るために、乳歯が虫歯になった時は正しく治療しなければいけません。

歯並びに関係している

乳歯が虫歯になってそのままの状態を放置すると、永久歯が正しい形で生えてこない可能性があります。
曲がって生えると、今度は歯並びが悪くなります。
すると歯を磨こうと思っても、奥まで歯ブラシが届かず汚れが残るでしょう。
虫歯菌は口腔内の汚れをエサにして繁殖し、いつまで経っても虫歯が治らないという悪循環に陥るので注意が必要です。

さらに歯並びが悪くなると、子供は見た目を気にするかもしれません。
大きくなってから矯正することはできますが、長い時間と高額な費用が掛かるので良い方法ではありません。
幼い頃に乳歯の虫歯を放置せず、医師にきちんと見てもらい必要であれば抜歯することで、歯並びが悪くなるような事態を回避できます。