乳歯の虫歯治療で抜歯をすすめられるケースとは?

症状が進行していくもの

乳歯を抜いて対処する

乳歯が虫歯になっても、必ず抜くわけではありません。 場合によっては、様子を見るだけに留まります。 知識を持っていない素人が見ても、乳歯の状態や虫歯の進行具合はわからないでしょう。 ですから遠慮しないで、歯医者に行って尋ねてください。 医師に、乳歯を抜くか判断してもらいましょう。

状態を診てもらおう

乳歯が虫歯になっても、どうせ抜けるものだからと放置する人が見られます。
確かに初期症状の虫歯や、もう少しで生え変わりそうな乳歯は歯医者に行っても様子を見るだけに留まるケースが多いようです。
しかしずっと放置して、悪化した虫歯は乳歯でも抜かなければいけないと判断されるかもしれません。
子供から虫歯になったことを聞いたら、乳歯でも素人が勝手に判断するのは危険です。
とりあえず歯医者に行って、状態をチェックしてもらいましょう。

乳歯の虫歯が神経まで達すると、乳歯の下にある永久歯に感染する恐れがあります。
虫歯が神経に達していた場合は永久歯が生えても虫歯になりやすく、治療しなければいけません。
さらに乳歯の頃の虫歯が原因で、歯並びが悪くなることもあるので気を付けましょう。
歯並びが悪いと奥歯や歯の裏側まで磨けず、虫歯を助長してしまいます。
このような悪循環に陥るので、乳歯の虫歯でも甘く見ないようにしましょう。

子供を歯医者に連れて行く際は、子供の治療に慣れているところが良いでしょう。
多少暴れても、うまく子供をなだめて治療を進めてくれると思います。
無理やり治療しようとする歯医者は控えてください。
子供がそのような体験をすると、恐怖心が刻まれてしまいます。
再び虫歯になって歯医者に行く機会が訪れても、子供が拒否するので連れて行くのが大変になります。
また最初から乳歯が虫歯にならないよう、普段から念入りに歯を磨くよう意識してください。

おすすめリンク

歯並びが悪くなる原因になる

悪化した乳歯を抜かずにそのまま放置すると、下にある永久歯に影響を与える危険性があります。 正しく永久歯が生えてこないので噛み合わせが悪くなったり、虫歯になりやすくなったりするので気を付けてください。 綺麗な永久歯が生えるように、乳歯の治療が必要です。

子供の治療に慣れている歯医者が良い

小さな子供は、歯医者に対して怖いイメージを持っているかもしれません。 怖がって治療を拒否したり、暴れたりする可能性があります。 医師に迷惑を掛けないように、子供の治療に慣れている歯医者に行くと良いでしょう。 また乳歯が虫歯にならないよう、対策することも重要です。